少しでも給料が高い保育園へ転職を繰り返す保育士たち…人材はこうして流出する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
給料が高い保育園へ転職を繰り返す保育士たち…人材はこうして流出する

保育士の中には、より給料が高い保育園へと何度も転職をする人もいます。働く側からすると、少しでも給料が高いところで働きたいと思うのは当然のことですよね。保育士の給料は安いと言われていますが、実際のところはどうなんでしょうか。

保育士の給料は安い?

一般的に保育士の給料は安くて、一般企業のサラリーマンと比べると月収で10万円ほど低いというデータもあります。でも、その分仕事も楽なのかというと、決してそんなことはありません。
子どもの命を預かって、細心の注意を払いながら仕事をしていますし、言うことを素直に聞く子どもばかりではありません。
また、季節に関係なく外で遊んだり作業をすることも多いですし、保護者との付き合いは、とても神経を使います。そのため、鬱(うつ)になって退職する保育士も少なくありません。給料と仕事内容が見合ってないと言われてもおかしくないのです。
また、家族を養える給料ではないので、男性保育士の数はとても少ないです。女性の場合も、給料の割にはハードな仕事なので、結婚と同時に辞めてしまう人も多いです。

より給料が高い保育園の方がいい?

公立の保育園の場合、市内なら同じ給料になりますし、近くの市と比べて給料に大きな差があることはあまりありません。でも、私立の場合は園によって差が出ることがあります。
その場合、給料が少しでも高い保育園がいいと思いがちですが、どうなのでしょうか。
給料が高い場合は、勤務時間が長かったり、園の方針で職員に大きな負担をかけていることもあります。
転職をする場合は、給料面だけでなく勤務内容もよく確認してから決断するようにしてください。
また、あまりにも転職を繰り返すと、すぐに辞めると思われて採用されにくくなることもあります。

給料の高い保育士求人なら派遣がおすすめ

では、一般的に保育士の仕事で給料の高い求人はどういったものがあるのでしょうか?
私はこれまで様々な業態、雇用形態で働いていきましたが、やはり最も給料が高く、福利厚生も良かったのは公立保育園の仕事です。地方公務員同等の給料と昇給制度。育児休暇なども取れますので、女性にとっても嬉しい職場です。
しかし、公立保育園で働くには公務員試験に合格して公立保育園での欠員が出るまで待機することになります。当然ですが、人気の仕事ですので、そこまで頻繁に募集はなく、たまに出た募集も競争率は非常に高いです。苦労して公務員試験に受かってもなかなか働けないと、結局、私立保育園のパートで働いている方も知っています。
そこで、おすすめな働き方が高時給の派遣です。派遣は完全時給制となっており残業代は派遣元より全額支給されます。近年では、保育士の人材不足で派遣の需要も高まり、時給も高くなっています。平均では時給1500円ほどでしょうか。
勤務先も自由に選べ、プライベートの変化に合わせてワークスタイルをフレキシブルに変えられるのも魅力ですね。
保育士派遣の魅力や、メリット・デメリットなどは下記のサイトで詳しく紹介されています。

参考サイト:保育士派遣 おすすめ

一般的にはあまりイメージが良くない派遣ですが、保育などの福祉系では正社員より派遣の方が人気です。もし今の給料に満足いかないというのであれば、一度、派遣として働いてみてはいかがでしょう?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*